Archive for 2004年12月29日

もっと貪欲に、もっと図々しく、もっと大胆に、もっと過激に

 例えば「私の成績はなぜAAではなく、A+なのですか」「試験の平均点と自分の点数が知りたいです」「レポートにコメントをください」「就職活動なので推薦状を書いて」「学祭の屋台のチケットを買って」「ライブに来て」「データベース検索しても先生の名前がヒットしないんですが、最近、論文を書いていないんですか」・・・半期34万円の授業料。10科目で各12回の講義があったとすると、一回90分で2833円。あなたはもとをとっていますか?

愉しくなければ〈学び〉ではない

■「勉強」ではない
 君の知的活動が「勉め強いられた」もので、しかもそれを苦痛に感じるのなら、やはくその活動を見直した方がいいでしょう。内容が君に向いていないか、やり方がヘタなのかは判りませんが、何かが間違っているのです。黙って座り、人の話を聞く忍耐力なら別のところで養った方がいい。重要なことは、君たち自身の手で〈知〉を掴み取ることで、教員というのは、それをコーディネイトするのが役目だと私は思っています。 大学で学ぶということは、受講者同士が議論を深め、そこから何かを産み出していくことではないでしょうか。
■ただ、誤解しないように
 「愉しくなければ」といっても、いい加減な態度で講義に臨んでもらっては困ります。私は講義は教員にとっても学生にとっても「仕事」だと思っています。単位や成績のために「勉強」するとか、出席をとるから講義にでるというのは、大学生らしからぬ極めて幼稚な発想です。いい仕事をするには、遅刻をしないのは当然だし、責任ある態度が求められます。私は仕事の質を落とすような学生を断固として排除しています。さらに、中途半端なことをやって講義が理解できなくなった、つまらなくなった、レポートの期日がわからなくなったということがあっても、私は何ら関知しません。
■http://homepage1.nifty.com/yumiyama/
 私の講義ではグループディスカッションをしたり、みんなの前で発表したりと、学生が講義に参画することを強く要請します。君は、それを愉しめますか。いずれにせよ、もっと詳しい内容は、このURLにアクセスしてください。私はかなり明確な理念をもって講義に臨んでいますので、拒絶反応をおこす人もいるかもしれません。しかし大学はできるだけ多様なニーズに応えるような仕組みになっているので、相性のあわなかった方には他の講義をお勧めします。私の講義を選択するばあい、まず十分に私のサイトで講義内容・形式を吟味したうえで受講してください。

現代における宗教者の育成

20041116-P1010003.JPG
2004年11月13日、大正大学で、(財)国際宗教研究所主催の公開シンポジウム「現代における宗教者の育成」が開催された。

Read more

当サイトBBSオフ会報告

ここには、酔っぱらいの写真など人を不愉快にする内容が含まれています。だいだい、素面の時に、他人がいい気に酔っぱらっている姿は見たいものではありません。また、報告者も酔っぱらっているので報告内容もいい加減なもんです。
それでも構わないという物好き方は、上記の点を十分お含み置きのうえご覧ください。いいですね。

Read more

忘年会

といっても集まったの昨年度の人間探求(スピリチュアリティ)の受講者7名。講義の同窓会というのは99年度の法政とココくらいかな。
一次会は飲虎伝。久しぶりに大声で話さないと1m先にいる人と話もできない店に行った。つまり学生ばっかりがいっている店ということ。学生は、なんとかヨーグルトサワーみたいなもんを頼んでたなぁ。
二次会は月の雫。店に入ると、「ただ今、ザルすく豆腐ができました」というから、それを頼む。「ただ今」という割には30分くらいかかったけど。ボジョレー・ビラージュが安かったんで、それを飲む。
下記はチェ・ジウさんからの招請状。