Archive for 2007年2月27日

マグロづくし

実は超穴場なのだが、池袋西武の地下一階では定期的に午後5時になると、本マグロの解体ショーをやっている。剥き身が人気でジャンケンで勝ち取ることになり、僕は一度、ジャンケンで負けた様子がテレビで放映されたことがある。
しかしねらい目は、、、カマなのだよ。
大トロがずっしり取れて、残りは剥き身なり、カマ焼なりにすればいい。一回で食べられない分量で、1000円前後だ。今日は880円で、こんな具合。大トロ、剥き身納豆豆腐、煮付け。まだ冷蔵庫に剥き身がたっぷり眠っている。
20070227-KC280071.JPG

塩から

先日、スルメイカをさばいた際に、身の部分は塩からにした。改めて作り方のポイントを確認すると、身は一夜干し(僕はペーパータオルにくるんで冷蔵庫に)、ワタは塩漬け、翌朝にそれらをあえる。塩はワタについているものが自然に入るので、特に加えない。あとは朝晩かき混ぜて熟成を待つだけ。これでできあがり。味もいい。
20070225-KC280057.JPG

子どもといのちの教育研究会

標記の研究大会の年次大会に出席してきた。初めての会合の出席は、こう見えても緊張する。記念講演の斎藤友紀雄先生とは以前に別の企画で講演をお願いしたことがあり、久々の再会。図々しく隣に座り、ご挨拶を申しあげる。
ラウンドテーブルディスカッションというのも初めての形式。大部屋で5つのグループが同時に議論を展開。僕は2つの小学校のいのちの教育の取り組みに出席。2つのタイプは異なり、非常に勉強になった。備忘録的に記すと、上(教育委員会)からの教科横断的な体系的な取り組みと、下(意識ある教員)からの総合学習内の身体に関する教育に特化した取り組み(写真)の2つのタイプで、いずれも公立学校で、ここまでできるものかと驚かされた。
懇親会はアッとホームで、皆さん、あまりがっついてない。僕の所属するメイン学会では大食い、大酒が普通なので、それが特殊なのだろうか。かなりじっくり話し合うこともできて、楽しい時間を過ごすことができた。
20070226-KC280055.JPG

さくらそうフェア

大学そばの千川上水公園再生の一環として下記の通り、さくらそうフェアが開催される。
・日時 4月28日(土)10:00〜15:00
・内容 さくらそう品評会・即売会・茶店・雅楽など
大正大学としても実行委員会に参加する。NCCは、その重要な一角だ。
本日はさくらそうの芽分けが行われた。NCCの学生も雅楽部の学生や教職員とともに若干のお手伝いと企画に関わるべく参加。写真は腐葉土の袋詰めの様子。
20070225-KC280049.JPG

イカづくし

この歳になると、間違ったことをしても周りはそれを指摘してくれなくなるものだが、今日は二連発。
(1)丸長のオーダー
最近のお気に入りは「コバチ・チュー・タマゴ」なのだが、今日、注文すると「コバチ・タマゴ・チュー」と二度にわたって訂正された。そうだったのか、、、
(2)接写モード
昨晩から携帯カメラの具合が悪い。何度撮っても、何度設定を変えてもピンぼけである。せっかく丸々太ったスルメイカを3杯さばいて、子の煮物、バター焼、イカスミおじや、酢イカ、塩からを作って「おかみ」さんに報告すべく撮影したのに、下のような具合だ。
丸長の帰りに「どーせ行っても無駄だろう」的な感じでauショップをのぞいたら、言下に「接写モードになっています」と携帯の上の部分のレバーの切り替えを教えてもらった、、、そんなことだったのか。「おかみ」さん、塩からが熟成したら、綺麗に撮りますね。
20070223-KC280046.JPG

『中外日報』に記事が

過日のシンポジウムの模様が、中外日報(07年2月20日号)に掲載されました。【画像をクリックすると拡大します】
20070226-chugai070220.jpg

沖縄研修(3)

20070221-P1020549.JPG
三日目は首里城(写真)と玉陵(タマウドゥン)に。首里城には高校生の修学旅行が大挙して押し寄せていた。史跡めぐりに全く関心ない様子で、男子は制服をダランとはおり、腕まくりに裾あげで肩で風を切って歩き、女子は最近は見なくなったルーズソックスがチラホラ。ダルそうに座り込み、嬌声をあげながら広がってチンタラしている。
外国人観光客が首里城で行われていた伝統衣装による出仕にではなく、こうした高校生にカメラを向けていた。シーズンなのかもしれないが、何年か前に来た時には首里城に、こんなに修学旅行客はいなかった。やはり世界遺産指定の影響なのだろうが、自国文化を半ば侮辱してまわる若い世代を野放しにする修「学」旅行は、もはや国辱といえよう。今後も学生を引率する身としては自戒を込めて記憶に留めておきたい。

Read more

沖縄研修(2)

20070221-P1020409.JPG
沖縄研修二日目午前中は、伝統的な沖縄家屋の中村家、中城(ナカグスク)城跡・勝連城跡などの史跡めぐり(写真は中城)。丘の上にそびえる石城はアッシジのロッカ・マジョーレを彷彿とさせる。グスクの石垣は海から運んだものなのだろう。

Read more

沖縄研修(1)

20070221-P1020342.JPG
担当する大学の部署NCC(ネクスト・コミュニティ・コース)の「沖縄コミュニティ研究ツアー」に同行、教員5名で学生26名を引率する。
実は00年前後沖縄にはまった時期があり、八重山も合わせると「オキナワ」には6〜7回は行っているのだが、そのほとんどが観光もせずのんびりが基調であったため、今回は初めての本格的な沖縄本島ツアーとなった。学生と同様、事前にガイドブックで予習、予習、、、
写真はアメリカン・ビレッジから眺めるサンセット。

Read more

『仏教タイムス』に記事が

過日のシンポジウムの模様が、仏教タイムス(07年2月15日号)一面に大きく掲載されました。【画像をクリックすると拡大します】
20070222-butimes070215.JPG