Archive for 2007年10月29日

鮨幸で酒一筋を飲む

さて一週間連日の飲み会の開始です。まずは池袋北口の鮨幸。1日の企画の打ち合わせ。本当は3、4名のはずだっただ、2名でさしでビール、焼酎、樽酒を飲む。
平貝をさっとあぶって海苔でまいたものが、甘みが濃厚で美味しかった。テレビ番組でしか見たことのない大間のマグロというものを初体験した。脂のきめ細かさが違う。
酒は店内中央に樽がデンとおいてある。「酒一筋」と書いてあって、それが銘柄。これまた結構な味だ。焼酎ダブルと樽酒2合でかなり酔う。帰りに中本で蒙古タンメンを食べようと、店内に入って食券の前まで来て、引き返した。一応、ダイエット中なのだ。

1ヶ月ぶりに自宅で飲酒

9月末以来、多分、自宅で飲酒をしていなかったと思う。この夏、やれ暑いの、マックにビールが合うだの、お中元の品がもったいないよと、理由をつけては昼から飲んでいたので、この間、意識的に飲酒を控えていた。
、、、が、その禁を破ってしまった。
理由は簡単で、ミートソースを作っていて、ワインがないのに気が付き、ビックカメラに買い物。料理用の安ワインを買おうとしたら、キャンティが980円。一応、DOCGだ。購入時は、これを飲むとは考えていなかった。
で、コルク栓を抜くときに、コルクを破損。ワイン瓶用の真空栓が見あたらない。探しているうちに、ブルーチーズを発見。おまけにクラッカーまで出土してきた。
ミートソース用に一杯使用。その後、栓のないワインボトルを眺めつつ、ブルーチーズでコップ一杯。サラダで、もう一杯。残ったチーズでさらに一杯。パスタがゆであがったんで残りを全部飲み干す。
本日から一週間ぶっ通しで飲み会なんですけど、、、

NCC銀杏祭参加企画(3)NCCまちゅり〜マチュピチュピチピチマッチョまちゅり〜

【場所】10号館前(巨大バナナが目印!)
【メニュー】 チョコバナナ(150円)
【開店日時】2日11時〜18時
     3日10時〜18時半
     4日10時〜16時
【ご案内】はじめまして。私たちはNCCで同じゼミに所属する学生で結成した『NCCまちゅり〜』です。私たちが皆さんにご提供するのは『チョコバナナ』。甘〜いチョコにバナナをからめ、一口食べればほっと一息。食べやすいようカップに入れてお渡ししますので、学祭巡りのお供に最適です。小腹が空いたとき、食後のお口直し、一息休みたいとき、ぜひ当店のチョコバナナをお買い求めください。皆さんのご来店を心よりお待ちしています!!

NCC銀杏祭参加企画(2)We ♥ NCC

【場所】食堂のまん前
【メニュー】カレー300円
【開店日時】2〜4日 10時〜18時(4日は16時閉店)
【ご案内】私たち「We Love NCC」は、とっても仲良しの3年生が手作りでおいしいカレーを出すお店です!!
 うちの店の「カレー」の特徴は、お肉が選べるということ☆ 「牛肉」「豚肉」「鶏肉」の中から選べるという、自分の好きなお肉でカレーを味わえちゃうというのです!! 「カレー」のルーにも特徴があって、とろとろでおいしいという自信があります!!
 お昼御飯を食べるならぜひうちのお店の「カレー」で!!
 3日間銀杏祭を乗り切るのにもこの「カレー」で!! 寒さを吹き飛ばすのもこの「カレー」で!! 私たち「WeLoveNCC」の仲良しの秘密はこの「カレー」を食べればわかる!! デリバリーもしちゃうよぉ!! イケメンの店員さんがほかほかをお届けしちゃいます☆(事前にNCCの方に行っていただければ、時間にお届けしちゃいます!!)限定100食!! ぜひ食べに来てください★

NCC銀杏祭参加企画(1)学習展示

NCC学習展示ワークショップ【場所】2号館3階231教室
【開店日時】2〜4日 10時〜18時(4日は16時閉店)
【ご案内】NCCにはプロジェクト研究という演習科目(ゼミ)があります。この学習展示では、日頃のNCCの学びの紹介を通して、NCCの考えるネクスト・コミュニティについて、参加者と考えていきたいと思います。主な内容は次の通りです。
◇塩入ゼミ「地域の寺社・文化財・祭り・習俗を巡るツアーの企画・実行」
11月17日に行うツアー(学生が場所も順番も考えました!!)で廻るところの地図を拡大し、わかりやすく紹介します!! きっとオリジナリティあふれる、カラフルで見やすい地図を見れば、あなたもツアーに参加したくなるはず!! 新しい「巣鴨の魅力」に触れてみませんか??
◇落合ゼミ「現代コミュニティでの「暮らし」の現状をとらえ展望を考える」
滝野川7丁目について地域の暮らしやすさを考えました。春学期に行ったアンケートの調査結果をわかりやすくグラフにしてグループの意見をまとめました。
◇山田ゼミ
各受講者がそれぞれ行った春学期の研究成果をパワーポイントにまとめてみました。
◇滝沢ゼミ「近隣小中学校での学習活動支援」
小中学校のボランティア活動の内容を紹介します。
◇弓山ゼミ「異文化共生への模索」
西巣鴨〜池袋周辺の外国人住民の信仰・生活・コミュニティに迫ります。NCCの3大テーマ〈価値〉〈共生〉〈マネジメント〉の関連は、これを見れば一目瞭然!!
◇君島ゼミ「コミュニティにおける活動と世代間交流の意義をみつける」
みんなで仲良く、いろいろと意見を出し合って授業を進めています。個人の関心に合わせて、社会で活躍している人にインタビューをするので、インタビューに向けて、ひとりひとりがかなり悩んで自分の関心を深めています。その内容を体系的に図に示して展示しますので、ぜひ231教室に来てください!!
◇宮崎ゼミ「2007年、銀杏祭でユニバーサルデザインに出会ったぁ、、、〜ウルルンデザイン記」
実際に身近なものを使ってユニバーサルデザインがわかっちゃうんだぜ☆しかも体験会に参加すると、ジュースとお菓子がもらえちゃんだぜ☆
研究発表は3日?11:30からと?14:00からの2回。
各回先着10名だから急ぐんだぜ☆

しゃもきち

ちょいと寄り合いがあって、過日、「しゃもきち」で軍鶏を食す。軍鶏の専門店というのははじめて。注文がいまひとつよく判らなかったが、レバ、正肉、つくねなど一通り注文。レバは半生で美味しかったが、あとは正直なところ、普通の鶏との違いがよく判らなかった。僕の修業が足りんのだろう。
日本酒は十四代と日高見。日高見は封を切ったばかりで、フレッシュだった。
店内は広いんだが、客を一所に固めて座らす方針みだいで、副流煙がダメな人はつらいかも。まぁ、席を替えてもらえばいいだけなんだけど。
他の客の注文をよく見ると、親子丼を頼むのが通なような。もちろんそうだとは感じていたが、ちょっと量が多そう(一人前鶏卵3個)で敬遠していたところ、「小盛り」ができたのだそうだ。惜しいことをした。
物知りなアユモドキさんの教えによれば、鍋を食べるべきだったようだ。何でも出汁をとるのに2日かかるそうだ。確かに店から「鍋は2日前予約」と言われたっけ。しかし鍋と親子丼は両立するのか?

サーバー不良で近況

え〜、、、サーバ不良で、「ブログはどうした」と問い合わせをいただいております。申し訳ありません。
さて近況ですが、夏休み、じゃなくって夏期自宅研修が終わって、後期開始かなぁーって思ったら、もう年末・年始の話題になっています。
ミャンマーのことが気になったり、学祭を学生とともに取り組んだり、小学校の運動会の警備をしたり、ラジオに出演したり、科研の書類を書いたり、AO入試でバタバタしたりという日々です。
体重が5キロほど落ちましたね。もうちょっと絞ろうかと、酒断ち(外では飲むけど)ラーメン断ちもしています。ただ来週から連日、夜は外食なんですよね。
どうなることやら。

ミャンマー情勢に関する国内動向(7)長井健司さんに関する抗議署名

島田裕巳さんからのメールが来て、また彼のブログにて長井健司さんの殺害についての抗議署名が行われていることを知りました。署名関連のニュースのブログもあります。
抗議文は下記の通りで、呼び掛け人名、署名フォームは上記リンク先にあります。

十四代、臥龍梅、而今を飲む

ちょいと打ち合わせがあって、大学の近所の店に赴く。この店、今まで一回しか行ったことがないのだが、かなり敷居が高い。そして、かなり日本酒がいい。
どうやら店の人にお任せにするのが通のようで、黙っていると、十四代が、、、、あんまり美味しいので2合徳利をお代わり。次に来たのが臥龍梅。不勉強で聞いたことがなかったが、これまた絶品である。で、お代わり。そして而今。「じこん」と読むらしい。ふわっとした銘酒である。
薩摩揚げやサンマの刺身やおでんなどを頼み、値段は4人で思いっ切り飲んで3万円。安いか、高いか、、、安いだろう。店側も自信たっぷりだ。その証拠に、トイレには写真のような張り紙が。つまりいつでも挑戦を受けるってことだ。
20071008-KC280056.JPG

ミャンマー情勢に関する国内動向(6)僧侶らの活動

先週から今週にかけて、主に東京・名古屋で僧侶らの抗議行動が続けられている。
■9月29日
ジョンとjinさんからの報告メールを紹介しよう。
——
29日のビルマ大使館前での平和の集いに多くの方にご参加、ご関心を頂きまこと、まことに有り難うございました。参加できなかった方からも多数のメールを頂戴しております。メール上ではありますが、こころより御礼申し上げます。
ご承知のように、ガンバリ特使が政府側およびアウン・サン・スー・チー氏に面会したとのこと。しかしながら、一部報道によりますと、今なお民間人およそ1000人が拘束されており、内500人が僧衣の代わりに囚人服を着せられた僧侶だと伝えられています。年間2500万ドルを援助している日本政府の動きは、福田さんのコメントにみられるように、今なお鈍いように思われて仕方ありません。
今後も同国の情勢ならびに日本を含めた諸国の動きを注視してまいりましょう。情勢を見極めつつ必要と判断されれば、改めて集いのお声がけをさせて頂きたいと思いす。
■9月30日
時事ドットコムによれば、「ミャンマーの反政府デモへの武力弾圧で亡くなった人々を追悼するキャンドル集会が30日夕、東京都品川区のミャンマー大使館前で行われ」300人があつまったという。
渋谷の国連大学前ではハンガーストライキが展開され、夜には東京と名古屋で「在日のミャンマー人や日本人の支援者らが、ろうそくに火を灯(とも)し、犠牲者に黙とうをささげた」(読売新聞)。
■10月1日
中日新聞によれば、「名古屋市中区栄の久屋大通公園で、ミャンマー人と日本人の仏教僧ら約四十人が祈りをささげ」、同公園ですでに42時間のハンスト愛知県内在住のミャンマー人10人と「一緒に合掌。雨の繁華街に読経が響いた」。
■10月2日
中日新聞によれば、映像ジャーナリストの長井健司氏の知人で「浄土宗西山禅林寺派僧侶の岸野亮哉さん(32)=京都市左京区=が2日、同市東山区の四条大橋で、法衣にけさ姿で抗議活動」。