Archive for 2009年5月3日

沖縄そば3店舗

本部町と名護あたりでゴールデンウィーク前半を過ごした。南部・中部の店と違って、食堂の定食の量が多くて、かなり食傷気味になったが、やはり沖縄そばは毎日食べた。
きしもと食堂本店 平日の午前でも数名の行列。かんすいの代わりに灰の上澄みを使用するので、野趣あふれる風味になっている。スープも濃厚、麺もゴワゴワとして好き嫌いが分かれるところだろう。店を出ると鯉のぼりならぬ、鰹のぼりが林立していてスープの出所をアッピールしていた。

紀乃川 瀬底島大橋から山の方にあがっていった住宅地にポツンとある。よく見つけられたものだと思う。そばよりもジーマミー豆腐の方がインパクト大! 近海魚もいろいろ取りそろえられていて、改めて代行車をしたたてて行かなくてはいけないだろう。

我部祖河食堂本店 ソーキそばの元祖として知られる。大を食したが、大きなソーキが3、4切れごろんと入っていた。きしもと食堂よりこっちがオススメと聞いて来たが、僕的にはきしもとの方が個性的で良かった。チャーハンが通常の2倍で供されていたが、とても美味しそうだった。今度は定食ものを食すつもり。そばに自分の出身の小学校と同名の稲田小学校があって驚き。