リクエスト科目

 大正大学には学生のリクエスト科目というのがあって、毎期2、3個の学生が企画、講師探し、運営に携わる講義がある。多分、こうした制度は大正独自のプログラムじゃないか。現在、中国茶やファイナンシャル・プランナーの講義が進行中。
 中国茶の講義のブログがあるというので、のぞいてみた。いや〜、、、頑張っているのぉ。自ら学び、その輪が広がっていくというのが、実に大学生らしい。
 僕は常々「大学から成績を廃止せよ」と言っているのだが、単位だ、成績だ、出席だというのは、自主的な学びを阻害する。つまり自主的な学びの下位にあるべきものが、目的になってしまうという悲劇がおきる。単位や成績や出席のために学ぶんじゃないものな。
 さて、中国茶講座だが、どうも試行錯誤しているみたいだな。ブログはその突破口になるのか? いろいろとお茶関連の業者の方も注目しているみたい。学びたい学生、教えたい先生、中国茶の習慣を広めたい業者さん、こうした講座の開講を認める大学、いずれもW&W(ウィンウィン)になれるといいね。

2 comments

  1. マヨ より:

    TBありがとうございました☆
    試行錯誤してます!ブログは突破口になるのでしょうかと、質問返し(><)!ここまで来ると私が中国茶を学び世界を広げるのも良いかとブログ始めました。知らない事だらけの中国茶の世界に段々はまっていく私がいます。講座運営も残り半分☆頑張ります!

  2. キノコ より:

    先生、なかなか楽しい授業ですよ。
    美味しいお茶を毎回いただいてます。
    毎週楽しみにしてます★
    自分で授業を運営するなんて貴重な体験ですよね。私もいろんな体験して、ブログを豊かにせねば〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*