読売ADにロハスが、、、

『読売ADリポート』VOL.8-NO.6(2005年9月)の特集は「環境コミュニケーションとは何か」。そこでロハスに関するレポート「環境コミュニケーションを変えるLOHAS〈ロハス〉」が。
ここでも言われていることは、消費行動と結びついたエコ。つまり自分にも心地よくて環境にも優しいライフスタイル。興味深いのはロハス層の割合。日本では29%で、アメリカの23%を抜いているという。
ちなみに本日のテレビ東京のニュース「WBS」でも本日の特集は「ロハスが生む巨大市場」。内容は上記レポートとほぼ同じ。ロハス層の典型として、(1)移動は自転車、(2)美容・健康に敏感、(3)ゴミは少なく、(4)環境配慮がカッコいいOLを紹介していた。おまけとして三菱地所のロハスなマンション(イメージキャラクターは坂本龍一)も登場。
土建屋が何でロハスやねんという気もしないではないが、殺伐としたマンションより、エコで心地よいマンションの方がいい。ただ、それで反自然的な存在である人間と自然との調停がなされたとはいえない。ロハス思想の脆弱さも、そこにある。

One comment

  1. LOHAS(ロハス)なマンションって!?

    つい先日テレビで”LOHAS(ロハス)なマンション”が紹介されてて、「あっいいなぁ~」って思ってましたが、オールアバウトジャパンでも紹介されてました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*