三代目 茂蔵

名古屋で泊まったのはアパホテル。いつも大学の最寄り駅である板橋から見えるチェーン店でもあり、一度、使ってみたかった。事前に口コミ情報を見ると、結構、狭い・(大浴場が)汚いと書かれていたが、まぁ、こんなもんだろう。むしろビジネスホテルなのに、天然温泉がある方が珍しく感謝だ。
ただ問題は夕飯だ。近所に食べに出ようにもビジネス街で、ほとんど何もない。仕方なくアパホテル御用達の「茂蔵」なる店に入る。板橋にも「茂蔵」が入っているが、使った人を見聞きしたことがなく少し不安だった。
不安は的中。
まず寒々しい店内。午後7時半だが、すでに朝食のセッティングがされている。フロア係が2名いるようだが、奥に引っ込んでいる。日本酒を一杯飲んだが、驚いたことに常温。聞いてみたら、この店はそうしているそうだ、、、絶句。さらにホテル宿泊客は10%offなのだが、そうなっていなかった。後で気づいて申し出たが、客が数名で、オレは軽装でいかにも宿泊してますっていう感じ(途中に部屋に忘れ物を取りにいっている)なのに、これはないだろう。そもそも、宿泊者以外、ここに来る客はいないだろーに。
アパホテルはもう一回泊まってみたいが、茂蔵は勘弁だ!

3 comments

  1. ジョブ より:

    金沢でアパホテル使いました(笑)
    学割で安く泊まれて温泉もありました〜茂蔵は行ったことがありませんが、、(豆腐料理の店でしたっけ)食事は外のほうが良い気がしますよね・・。

  2. 弓山達也 より:

    金沢は、アパホテル発祥の地だろう。
    例の女社長の本(多分、部屋に置いてある)に、そう書いてあった。

  3. 殿のBlog より:

    三代目 茂蔵

    ほんとうに美味しい「豆富」は、舌の上でとろけ、芳醇な香りがいっぱいに広がります。
    『三代目 茂蔵』
    昭和62年の創設以来、完全契約栽培大豆にこだわり、サンゴのろ過器を使用してつくられ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*