駒形どぜう

大学の会合で「どぜう」を食べに行く。大江戸線を使って乗り継ぎがよければ、大学から駒形まで30分。意外に近い。
駒形どぜうには20年近くぶりだ。前は1階の広間で食べたが、今回は2階の個室。どぜう鍋、かば焼き、茶碗蒸し、柳川と来る。ガンガン日本酒(生酒、アルコール度数20度)を飲む。
同席した関係者には、どぜうに一家言も二家言もある面々。どぜうの正しい食べ方を聞くと、どぜう鍋には、びっくりするくらいネギを入れるそうな。甘辛いタレによく合うの〜。この甘辛さが、どろりとした濃い日本酒に合う。店にいた時は気づかなかったが、身体中が、このタレのニオイに。

4 comments

  1. t_ochiai より:

    お!駒形どぜう。良いですね!ゴボウが入ってないようですが。この次はご一緒したいです。

  2. 弓山達也 より:

    本文を打ち込む前に、コメントとは!!
    充実したGWになるようで、羨ましい限りです。

  3. こず より:

    吉忠いいとこですよ(^u^)
    マスターはいつでもベロベロですけど・笑

  4. 弓山達也 より:

    おっ、コズ、自宅から、ちゃんとパソコンできんじゃん!
    僕もラテン系マスターとベロベロになりたいよ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*