留学生とキャンプ(1)

留学生と一泊二日のキャンプに行く。
あいにくの雨だ。バス2台で総勢70名。一日目はBBQに、ペーパーウエイト作りに、神社の胎内巡りに、日本的宴会。目的は留学生に異文化体験と留学生同士の交流だから、僕ら教員は黒子、、、のはずだったが、、、
みんな料理が下手すぎるっ。キャンプインストラクターの僕は居ても立ってもいられず、ついにかまどの火おこしをして、あとは鉄板を前に腕をふるってしまった。二回目の焼きそばの出来はまずまずで、おせーじ抜き大絶賛。
腹ごなしにペーパーウエイト作りに興じ、宿に着いて、浴衣に着替えて、日本的宴会。ここでは黒子に徹すべく、僕はカラオケの入力係に。宴会が進み、韓国人留学生が尾崎豊を唄ったところで、またもや居ても立ってもいられず、入力係の特権を行使し、「15の夜」を久しぶりに熱唱。他の教職員も同罪にするために、「あの素晴らしい愛をもう一度」を日本人スタッフで熱唱。K村先生より選曲に関してお褒めの言葉をいただく。
こうやって日本的宴会の夜はふけていった、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*