二郎、完食完飲できるか?

慶應の前期講義納めに相応しくラーメン二郎三田本店に行く。気温31度・湿度70%の悪コンディションの中、待つこと40分。クーラーのない満員の店内で、14ヶ月ぶりに「二郎」と対面。やはり美味い。今日は特にニンニクが効いていてピリッと引き締まっている。
半分くらい食べたところで、急に限界が近づいてきた。「身体によくないから」「昨日、焼酎の牛乳割りをのんじゃったから」「これ以上食べると帰りの電車の中でお腹が痛くなるから」、、、とさまざまな理由が頭をよぎる。3/4食べたところで、「ぶただけ残しちゃおうかな」とか「スープを全部飲む必要ないよな」と悪魔のささやき。ふと「大阪で生まれた女」のメロディが、、、
——-
すすり続けたラーメン二郎
「これでラーメン道も終わりかな」とつぶやいて
残した麺をながめながら、食べられないと思ったら泣けてきた
B級グルメを書いてきた男やさかい
ラーメン二郎はよう残せない
B級グルメを愛した男やさかい
ラーメン二郎だけは完食したい
すすり続けたラーメン二郎
(※)やさいましまし、にんにく、からめ
(※)繰り返し

4 comments

  1. たか坊 より:

    二郎おいしいですよね^^。
    でも自分も半分くらい食べたところで急に悪魔が(笑)。
    そんな二郎大好きです^^。

  2. 赤べこ より:

    すごくいい替え歌ですね。すごくいい。
    私は引越をして、「ラーメン二郎」がある町に住んでいるので、やはり、どうしても、どうしても、どうしても、ラーメン二郎をたまに食べます。
    「大阪で生まれた女」といえば、BOROの自伝って信仰のことがいろいろ書いてあって、なかなかよかったです。私にとっては。潮出版社らしい本でした。
    BORO『プロペラのない飛行機―BOROの自叙伝』潮出版社 2003年
    ショーケンのよりも、BORO版が好きです。
    弓山先生のブログでラーメン二郎を見ちゃったから、自分は明日絶対食べに行くことになるんだろうなと思います。それが結構うれしいですけどね。

  3. 弓山達也 より:

    前のアイテム「講義で激怒」も、アップ後すぐにコメントがきましたが、二郎ネタもコメントが続きそうな気配ですね。
    たか坊さんも赤べこさんも、二郎を食べ過ぎ注意ですぞ。とても危険です。
    BOROは潮系ですか。初めて知った。しかもけっこう最近の出版なんですね。

  4. やまだぢゅんぢ より:

    こんど、カラオケで歌ってください!
    「大阪で生まれた女」大好きです。京都で生まれた男ですけれども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*