大阪で生まれた女

意外に替え歌好評だったみたいなので、完全版を。
———
すすり続けた ラーメン二郎
これでラーメン道も終わりかなと呟いて
残した麺を眺めながら
食べられないと思ったら泣けてきた
B級グルメを書いてきた男やさかい ラーメン二郎はよう残せない
B級グルメを愛した男やさかい ラーメン二郎だけは完食したい
すすり続けたラーメン二郎
(※)やさいましまし、にんにく、からめ
すすり続けて ラーメン二郎
ドンブリに置いた割り箸をまた取り上げて
麺大きさコールを思い出しながら
少なめにすれば良かったなと泣けてきた
体脂肪が気になる男やけど ラーメン二郎は完食したい
メタボリックシンドロームな男やけど スープを残さず飲もうと決めた
すすり続けて ラーメン二郎
(※)繰り返し
小ブタを頼んでる男が今日 麺少なめコールにするけど
三田本店は今日も活気に溢れ またどこからか人が来る
振り返ると そこは黄色の看板
(※)繰り返し
(※)繰り返し

3 comments

  1. まじゅずぶ より:

    僕は赤羽根店派ですが、エスキモー食並みのカロリーがあるであろうダイダブがメニューから消えた為に、逆に安心して通えるようになりました。ダイダブがあった頃は、せっかく来たのだから挑戦しなければいけないという脅迫観念があり、最後の方はほとんど口に押し込む感じでした。食後はいつも当分食べたくないと思っていたのですが、それでも一週間もたつとまた食べたくなっていました。あれは中毒性があると思います。
     関西に引っ越した今でも東京に行くときに、はじめに考えてしまうのは、今回は二郎に行くチャンスはあるのかどうかです。前に慶応大学でスピリチュアリティ研究会があった時も体調が悪いにも関わらず、二郎のために早めに行ってしまいました(幸か不幸か、結局閉店していたのですが)。
     小話ですが、過去に赤羽店の2階に、ラーメン二郎の店長の兄弟がはじめたと思われる「お好み二郎」というのが出現したのですが、速攻でつぶれてました。あそこまでいってお好みに行く人はいないし、ましてや二郎ラーメンを食した後で、おこのみを食べれる人はいませんよね。。。。

  2. こうちゃ より:

    おちゃめですね:lol:

  3. mac より:

    いい歌ですね。泣けてきます。
    目黒で生まれて、馬場に住む男としても、二郎からは離れられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*