東大での韓日セミナー

韓国人留学生35名を連れて、東大の島薗進ゼミ(死生学)に行く。東大・留学生それぞれから2本ずつの発表をして、交流を深めるというものである。留学生にとっては武者修行のような感じ。
東大からは地蔵信仰と祟りに関するもの。留学生は堕胎と脳死臓器移植について。
留学生の準備をそばで見てきたが、かなり大変だったようだ。そもそも試験・レポートのシーズンに、対外的なレポートが加わる訳だから、かなりきつい。当日も同行した日本人サポーターが、いろいろと面倒をみてくれたようだった。僕も仕上げを手伝ったが、、、
発表は無事に終了。留学生の発表は、予想以上の出来だった。懇親会も大いに盛り上がり、歌あり、ナンパ(死語?)ありで、楽しかった。アリランと一本締めという両国の締めくくりでお開き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*