友人がカイロから帰国

友人の産経新聞記者が2年間の赴任を終えてカイロから帰国した。謹んで報告会に出席。あわせて京大の院生のスーフィーの発表とビデオに触れる。
産経記者は9・11の際にはニューヨークに、イラク戦争の時にはバクダットにいたそうな。アラビア語より事件対応能力やサバイバル精神がないと中東記者はつとまらないという言葉に、妙な説得力があった。
飲み会では、ずいぶんと飲む。10時頃解散したはずだったが、なぜか帰宅は12時過ぎとなった。思い出すと、この産経記者と飲むといつもこんな感じだった、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*