帰省(3)

夜中中、雷が鳴っていた。山の天気はよく変わるというが、晴れたり降ったりの天気だ。コテージの敷地内にある温泉につかり、帰りの支度をする。
午前中に、グループホームに過ごす祖母に会いに行く。驚くほど機嫌がよく、まずは一安心。一年前は泣かれたり怒られたりと、かなり大変であった。この施設に入所して、もうずいぶんになるが、いつも身の回りを綺麗にしていただいて、職員さんの配慮を感じる。祖母のケアをどうするかでは、二転三転して、在宅介護時に、ややよろしくない状態の時もあって、ここに入所したのだが、この施設に入って本当に良かったと思う。高齢化や肉親のケアなど、これまた評論家めいたことは普段口にするのだけれど、自分の問題となると、そう簡単にはいかない。
今一度、墓参りをして、高松空港へ。気が抜けたのか、空港で地ビールを2本ほど飲む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*