印度学仏教学会

昨日と今日、印度学仏教学会が大正大学で開催された。僕は会員ではないがのぞいてみる。
思った通り、ほとんど知らない人たち、読めないタイトル、、、、
ただ久しぶりにお会いする先生にご挨拶ができ、僕の研究分野に近い発表を全く知らない方から聞くこともでき収穫は大きかった。オウム関連の国選弁護士の方と知り合いになったり、スピリチュアルケアを研究している人に名刺を渡しに行ったり渡されたりもした。
懇親会も豪華だった。ローストビーフや寿司の屋台が出て、足りなくもなく、余りもせずに、いい具合だった。僕は少しウィスキーを飲み過ぎ。その後、某先生に誘われて二次会に出かけるが、遅れて行ったせいか、そこにお目当ての先生はおらず、付近を探しているうちに、大会関係者二次会に紛れ込んで、ここでビールを飲み直す。おまけに勢いで千石自慢でラーメンまで食べてしまう。何を注文したかは覚えていないが、写真を見ると緑色の麺。季節ものかもしれない。
大会2日間のうち、会場にいたのは半分くらいか。あとは自室に今週末に仙台で開催される日本宗教学会の発表原稿作り。他の学会にでながら、別の学会原稿を作成するのも不思議な感じだが、学会の刺激を受けてか、意外にも筆が進み、本当に珍しく発表数日前に原稿ができた(いつも発表の数時間前にできる)。パワポは作成しないつもりだったが、開催校に聞いてみると大きなモニターがあるようなので、少し資料をスキャニングしてみる。

One comment

  1. 通行人 より:

    ・・・何を注文したかは覚えていないが・・は、あぶなくなりつつある兆し!
    植草教授にならないように、くれぐれも気をつけましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*