日本宗教学会(1)

9月16日から18日まで東北大学で日本宗教学会が開催された。
僕にとっては初めての仙台泊である。一言で述べるなら、よく食べ、よく飲み、よく学んだ3日間であった。水も空気も素晴らしい。
16日は委員会があるので、早めに仙台入り。さらに17日の二次会の幹事を仰せつかっているので、場所の確認も含め、11時頃から1時間半ほど国分町をほっつき歩き、東北大学に向かう。途中、ラーメン国技館なるところに寄るが、ここはガッカリしただけ。ラーメンを食べるはずの昼食はキャンセル。
委員会の後は記念シンポジウム。司会も含め登壇者全員が名誉教授。大学院生に戻ったような気分になったり、新しい知見を得たりと、有意義であった。最近、別の発表で知ったコプト派の断食の模様などを知る。
夜は9人ほどで、エジプト帰りに院生を囲んでの飲み会。定禅寺通りにある「一心」なる店。突き出しにいきなりボタンエビが出るなど、刺身が充実していた。日本酒も美味しい。東京で仙台の酒というと一ノ蔵くらいしか思いつかないが、頼んだもの、だいたいがバランスのとれた良い酒だった。

One comment

  1. 逆援助 より:

    見にこようと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*