韓日大学共同セミナーin釜山(4)

明け方、というか夜中の3時か4時ごろ、廊下がうるさくて目が覚める。ウチの学生が騒いでいるんだったら、叱ってやろうとのぞいてみると、デカイ背中が目に入った。ウーン、、、どうも立命館の学生の部屋に東西の学生が遊びにきているみたいだ。
朝日が昇るころ、外の空気を吸いに散歩。すれ違いざまに慶應の学生と会う。散歩かと思いきや、朝帰りだという。豪快よのぉ。
やや食べ過ぎなので朝はジュースだけにする。パラゴンホテルに泊まっている学生を順繰りに見送る。まずは8:30にアンドンという民族村に仮面劇などを見に行く立命館。8:50に一人を除いてヘウンデに行く大正大学。9:00に帰国する慶應。「遠足は家に着くまでが遠足です」みたいなことを述べる。
この間、宿泊して面倒を見てくれた東西の学生にお礼を述べて、別れの儀式はオシマイ。大正の学生を追いかけるように、僕もヘウンデへ。
途中、ソミョンでお土産などを見て食事をする。ヘウンデでは、学生は自由行動なので、僕は海辺で待機。泳いでいる人がいるが、全員、白人だ。奴らは丈夫だなぁと海に入ってみると、意外に暖かい。んじゃぁということで、僕も海へ。遠浅で、綺麗な砂だ。30分ほど波と格闘して、ホテルに戻る。

夜は大正と大正に留学していた学生計30名ほどで宴会。海鮮系の飲み屋でタイやヒラメを食する。アラで作るスープは日本人向きに辛さ控えめにしてもらったところ、韓国人学生はほとんど手をつけなかった。
この間、ずーっとそうだったのだが、僕の酒量は、昨年の1/3ほどではないかと思う。だが、学生は何人か気分が悪くなった者が出て、お開き。その後で浜辺で車座になって、お話。寒くなったのでホテルに戻り、酒抜きで(正確に言うと発泡酒を少々)お話。何人か帰らない学生を心配するが、まぁ、その辺はご愛嬌で。1時に全員の帰還を確かめ、有名なハルメクッパに夜食を食べに出る。酒を飲んでいれば、肝臓をいたわるために血塊入りのソンジクッパを食するのだが、酔いも覚めていたのでソゴギクッパにする。一年ぶりだ。美味しい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*