毎日新聞にコメント

『毎日新聞』2007年1月9日(朝刊)の特集「ネット君臨」(第一部8回)に、小生のコメントが紹介されています。【画像をクリックすると拡大します】
20070112-mainichi070109.JPG

9 comments

  1. 元受講生(大正じゃないです) より:

    記事を読みました。
    私は、スピナビでは、スピナビ利用者同士が、コメントしあうことが非常に少なく、新たなつながりが生まれにくことがとてもつまらなくて、スピナビをやめて、他のところでブログを作りました。
    そうしたら、いろいろな人と交流が生まれて、それがおもしろいと思って、ブログを楽しんでいます。
    スピナビの人が、いろんなブログにコメントしないでいたのは、そういうわけだったんですね。
    文学部系の人だとそうなのでしょうか?

  2. 弓山達也 より:

    ココログのような大手だと、結構、見ず知らずの人からコメントがつくんでしょうかね。
    ブログからSNSへの移行は、多分、文学部という訳ではなく、一般的な傾向のような気がします。

  3. Moriya, Tomo より:

    はじめまして.
    小中学生にブログを書かせる学校があると聞きましたが,大学生が「知らない人のコメントが怖い」とは悲しくなります.
    何に使ったのか分かりませんが,補助金のアウトプットが「コメントが…」「SNSなら…」というのは,実験結果という意味では意義深い試みだと思います.

  4. 納税者 より:

    教育現象として興味深いですね。
    新聞記事には、大正大学、国学院大学で教えていると書いてありましたが、慶應の学生さんたちも、他人からのコメントを怖がっていますか?
    偏差値が、大正45、国学院55、慶應65ぐらいと、ちょうどいいサンプルですね。
    税金をもらって研究しているとのこと、いい報告を期待しています。

  5. パペピピペポ より:

    こちらの記事
    http://www.mainichi-msn.co….
    を拝見させていただきました。
    例えば私なら。仮面が半分割れた状態であまり長く居る気にはなりません。(ゼミ生のリンクを見る限り一見匿名であるかのようですが、それぞれ誰が誰であるのか先生はご存知なのでありましょう。そういう状況では思い切った事をやる気にはなりません)
    そこで、身内での馴れ合いをしたい人は当然SNSへ。逆にネットで殺伐と大暴れしたい人は別の場所でブログを作ってしまうのではないでしょうか。前者は率直にその理由を言えますが、後者は「こんなとこでやってらんねーよヽ(`Д´)ノバーヤ!」と言うわけにもゆかず、言葉を濁すような気がします。それこそ誰かが「他人のコメントが怖いです」と言ったら俺漏れもと続くような。
    私見ですが、上記『スピナビ利用者同士が、コメントしあうことが非常に少なく』というのもお互い仮面が半分割れている(下手打つと誰か特定されてしまう)状況では互いに遠慮して好き勝手言えないのではないでしょうか。
    まとめとしては「言葉通りに信じちゃいけないんジャマイカ?」という事で。

  6. 弓山達也 より:

    いろいろとコメント感謝です。
    半匿名だとコメントしづらく、いきおい「コメントが怖いから」と言い訳してみるご意見なるほどです。
    ただ教室とネットが相補うケースも多々ありました(05年度の受講生には顕著)。リアルで知っているからこそ、匿名の雰囲気(半匿名)の場を借りて、面と向かっては言えないメッセージを伝えるという感じでしたね。
    このブログの試みは教室と連動しているため、純粋なネットの実験ではなく、教育上の諸条件が折り重なってきています。

  7. パペピピペポ より:

    なるほど。半分匿名の距離にもメリットはある、ということですか。面と向かっては言いにくい、しかし赤の他人にはわざわざ言わない意見が出やすいというところなのでしょうか。
    上のコメントで言い忘れていましたが『今もブログを続けているのは3分の1しかいない』というのは上記の私の視点からすると「3分の1も居るのか!」という印象です。教育上の諸条件も制約となる事の方が多いでしょうから尚更多い気がします。
    追跡困難なので類推になりますが、半匿名の距離が「遠い」と感じた人もSNSへ流れたりしたのかもしれませんね(もちろん匿名の悪意を恐れた人も居るでしょうが)。言うなれば4分の1匿名として。逆に匿名要素が不足していると感じた人が他所でブログ運営などしたとも考えられそうで、学生たちはブログ開設から自分なりの距離感を学んでいたのかもしれません。
    とりとめなく書きましたが、このあたりで。お返事ありがとうございました。

  8. okami55 より:

    先生の学生さんではないので、参考にはなりませんが、個人的な所見を。
    シンプルに「文章力」とか「他者との交流」ということだけで考えれば、ブログって良いトレーニングの場だと思います。
    私も昨年の今頃は、PC自体ほとんどさわったこともありませんでした。
    ブログを始めたきっかけは、ちょっとした事件(?)があり、自分を色々と考え直した結果です。
    それまでネットはあくまでもヴァーチャルなもので、ネット上の友人関係など成り立たないと思っていました。
    でも、今多くのブログ友に支えられています。
    頂いたコメントをあれこれ考えて返すのは、とても大変な時もありますが、学ぶことも沢山あります。
    ところで、「仮面性」ですが、私においては割れている人も多いです。
    だからといって、書く内容に左右する事は、私においてはありません。
    ミクシィもやっていますが、ブログの方が私的には刺激もあって楽しいです。

  9. 人妻 童貞 より:

    いつも楽しく拝見しております。また明日も遊びにきます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*