沖縄研修(2)

20070221-P1020409.JPG
沖縄研修二日目午前中は、伝統的な沖縄家屋の中村家、中城(ナカグスク)城跡・勝連城跡などの史跡めぐり(写真は中城)。丘の上にそびえる石城はアッシジのロッカ・マジョーレを彷彿とさせる。グスクの石垣は海から運んだものなのだろう。


午後は国際通りに出て、自由行動。学生は食・壺屋やむちん通り・伝統工芸体験に分かれる。教員は牧志公設市場をめぐり、2階で昼食。僕は沖縄にまで来てモツ煮込みもあるまいと思いつつ、中身汁定食(下の写真)。壺屋焼物博物館を経て、やむちん通りを歩く。焼物博物館のビデオ上映が工夫されていて面白かった。
夕方からは沖縄のコミュニティや伝統に関してのレクチャー。講師2名を迎え、その後、沖縄民謡の夕べ・立食パーティ。宮廷音楽とその大衆化を体系的に理解できる内容になっていて勉強になった。最後はカチャーシ(みんなで歌って踊る)指導もある。実際、ステージにあがったのは男子学生のみだったが、、、
お開きの後、講師と沖縄民謡の皆さんと懇談。男子学生は返礼に芸を披露し、さらにそれに対する返礼を講師の先生が展開して、みんなで大笑い。
20070221-P1020453.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*