無事にライプチヒに到着

考えてみれば3日間、ふとんで寝ていない。金曜日はシンポジウムの準備で、土曜日は成績つけで、日曜日は航空機内で、椅子に座ってウトウトという夜を3日も連続。しかし緊張のせいか、眠くないから不思議だ。
さて22日の11時にオーストラリア航空、ウィーン経由でライプチヒに来た。機内食は間食も含めると、すき焼き丼とチキンラーメンとサンドウィットと朝食?の4回。ウィーンからの機内でも軽食が出たから5回か、、、
40分も早くウィーンに着いたので、日本に電話をかけるが、クレジットカードが通話中にリジェクトされて、その後もかからないので、今後が不安だ。機体は56人乗りのプロペラ機。
20070723-P1010038.JPG
ライプチヒ空港は閑散としてる。市内に行きたいのだが、バスもタクシー乗り場も案内がなく、次の電車が50分後という鉄道のチケットをどこで買って良いのかわからない。さて、どうする?


ようやくチケット販売機を見つけたが、どうやって購入していいのか判らず、アルジェリア人カップルとお手上げ状態になる。キオスクのおばちゃんに「もう、この子達ったら手のかかる」と切符の買い方指南を受けて、ようやくチケットをゲット。どうやら行き先の駅のナンバーを入力するというやり方だったようだ。
ホームに行くと、やはり券売機の周りで人々が途方に暮れている。こっちのマシーンはどうやってもお釣りがでないようだ。中央駅まで3.4ユーロ。5ユーロ札でお釣りがでないのは何とか我慢できるが、10ユーロ札、20ユーロ札を入れた人たちは口々に呪いの言葉を繰り出していた。
そんなところで知り合いの先生とご一緒に。ちょっとホッとする。中央駅に着いたら、すでに21時過ぎ。ホテルが駅前で本当に良かった。ホテルに着くと別の知り合いの先生と一緒に。軽くビールを飲んで、まずは到着を喜ぶ。

One comment

  1. アダルト より:

    私もそう思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*