Spirituality vs. Religion in global contexts

いよいよセッションだ。
この学会には2001年(メキシコ)に参加だけして、03年(トリノ)、05年(ザグレブ)と発表をしているが、いつも大変、緊張する。もちろん英語の問題もあるが、それだけではない。
前回は聴衆と一緒にスピリチュアリティについて考えたというセッションになり、大変気持ちが良かった。今回はエクスカーションの日の午前中ということもあって聴きに来る人がいるのかという心配がある。しかも今回は2コマ4時間という長丁場だ。そして初めて第2部の司会もつとめる。発表はネイティブ見て貰ってきたが、司会の方はネットで「英語で司会」みたいなサイトのURLをひかえただけで渡航となった。しかも第2部ではドタキャンが一人、2人の発題で2時間もつのか?
セッションはこんな感じ。
■SESSION48/1
 Chair: Naoki KASHIO (Keio University, Japan)
・Spirituality and morality: the view of life in Notebook to be used by students in moral education in Japan
YUMIYAMA, Tatsuya (Taisho University, Japan)
・Globalization and Nationalism: Two Ideological Vehicles of a Korean Meditation Enterprise “Dahn Yoga”
WOO, Hai Ran (The Catholic University of Korea, South Korea)
・Spiritual but not Religious?: Ashtanga Yoga Practitioners’ Beliefs and Practices
ITO, Masayuki (Aichi-Gakuin University, Japan)
Discussant / Rapporteur : Gustav Erik Gullikstad Karlsaune (The Norwegian University of Science and Technology, Norway)
■SESSION48/2
 Chair: Tatsuya YUMIYAMA (Taisho University, Japan)
・Spirituality vs. Religion in Italy: the case of Soka Gakkai
FOIERA, Manuela (University of Warwick, UK)
・Emergence of Spirituality: The Case of Mahikari in France
KASHIO, Naoki (Keio University, Japan)
・Disenchantment, Re-enchantment and the Globalized Politics of Religion in Southeast Asian Islam
HOWELL, Julia Day (Griffith University, Australia)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*