第二セッション終了

25日11:30から第2ラウンド。今度は僕が司会だ。聴衆が5名前後で少ないが、司会としては緊張が解けた。マニュエラが欠席なので、発表はカッシーとジュリア。2つともかなり事例から抽象的な議論を展開している。質問が途切れたら欠席者もいるということで早めに切り上げるつもりでいたが、かなり積極的に質疑応答が展開され、ほぼ2時間を使い切った。かなり細かい質問も出された。僕は気の利いた采配ができた訳ではないが、無事に司会も終了。
ところで、今回、第一・第二セッションを通じての一番の発見は、世界観の問題としてのスピリチュアリティということだろう。ルックマンとともにシュッツ再評価をしているエリックのコメントを得て、俄然、研究の方向性と問題意識が研ぎ澄まされた気がした。スピリチュアリティは、人間の問題であり、認識の問題でるのだ、と。
会場にいたガブリエルが、物静かな彼らしくなく、やや興奮気味に質問していたことも同じ課題に関してだ。これから何かコーポレーションができるのだろう。ヘイランやジュリアといった「同志」を得たことも今後の研究の大きな弾みになるに違いない。
ということで記念撮影。ヘイランが「日本人のお決まりね!」と悪態をついていた。写真は前方がコーディネータのカッシー。後方左からマサ、エリック、弓山、ヘイラン、ジュリア。
20070727-P1010120.JPG

One comment

  1. 熟女 より:

    ブログって面白いんだ。。。と思っちゃいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*