二郎もどき(麺屋!ボッケもん)

結論からいうと、そういうこと。
台風一過で多分空いているだろうと、麺屋ごとうに行くが、途中に気になって、空いているごとうから引き返して入店してしまった。
限りなく二郎をチープにした感じ。二郎のカップ麺があったら(あるのか?)、多分、こんな味だろう。
注文システムは、ほぼ二郎を踏襲。オーダーの際に「カスタマイズは?」と聞かれるから(二郎では麺を盛りつけるとき「ハイ?」「ニンニクは?」のコール)、「野菜マシマシ・ニンニク・クロカラ」(クロカラは、この店のオリジナル辛味)。でてきたのが、これ。
これを食べると二郎の麺がいかに手間をかけて打っており、豚が上質で、スープに深みがあるかということが判る。表に注文システムが図解されているが、二郎の入門編として読むのもいいかも。
まぁ、二郎を再評価するには、ちょうど良い噛ませ犬的な店であろう。
20070907-KC280037.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*