しゃもきち

ちょいと寄り合いがあって、過日、「しゃもきち」で軍鶏を食す。軍鶏の専門店というのははじめて。注文がいまひとつよく判らなかったが、レバ、正肉、つくねなど一通り注文。レバは半生で美味しかったが、あとは正直なところ、普通の鶏との違いがよく判らなかった。僕の修業が足りんのだろう。
日本酒は十四代と日高見。日高見は封を切ったばかりで、フレッシュだった。
店内は広いんだが、客を一所に固めて座らす方針みだいで、副流煙がダメな人はつらいかも。まぁ、席を替えてもらえばいいだけなんだけど。
他の客の注文をよく見ると、親子丼を頼むのが通なような。もちろんそうだとは感じていたが、ちょっと量が多そう(一人前鶏卵3個)で敬遠していたところ、「小盛り」ができたのだそうだ。惜しいことをした。
物知りなアユモドキさんの教えによれば、鍋を食べるべきだったようだ。何でも出汁をとるのに2日かかるそうだ。確かに店から「鍋は2日前予約」と言われたっけ。しかし鍋と親子丼は両立するのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*