松山でおでん

20080323-P1030921.JPG
帰りの飛行機まで少し時間があったので、松山市駅前のおでん「赤丹」に入る。真っ黒なおでんの中にちくわぶとかはんぺんはない。あれは東の食べ物。牛すじ、アスパラ湯葉巻、つみれ、だいこんを食す。黒板をみると「ほうたれ」とある。頬が落ちるという意味。いろんな食材で、この名があるね。出てきたのは、少しぬめっとした食感の青背の魚。松山の地酒である雪雀の熱燗とあう。
出身(本籍)が愛媛だが、愛媛の酒といえば、父の実家のある川之江(今は四国中央市)の梅錦しか知らない。雪雀もいいが、今回歩いていてよく目についたのが今治の山丹正宗。蔵本屋という愛媛の日本酒センターみたいなところでを試飲した。重い荷物に入れて自ら空輸するに十分な味わいだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*