10年前の受講生と再会

6月29日と7月1日に、法政で非常勤をしていた頃の教え子と相次いで再会した。
一人はN君。本ブログにあった掲示板でも健筆をふるい、オフ会では数々の伝説を残した人物である。一関から上京するというので、日曜日の池袋で日本酒を傾ける。かつては飲むと破壊的な状況となって、国家権力の介入が必至だったN君だが、結婚して一年目、丸くなった。ずいぶん日本酒を飲んだが、10時には解散。
もう一人はAさん。ネットで偶然得名前を見つけ、連絡をとり、僕の大学院の7限目の講義を受講。そのまま恒例の8限目に。制作会社に入社して、頑張っている模様。仕事が忙しいせいか、お酒を飲むのも久しぶりだったようで、震える手で一升瓶をもって院生たちにお酌をしていた。で、そのまま池袋で二次会。ドイツ人、韓国人、僧侶、団体職員、院生が入り乱れ、そこに偶然、「そのうち会いましょう」と言っていたNPO関係者と遭遇し、よくわかんないまま、終電を逃す。まぁ、僕は歩いて帰ったけど。
元気な卒業生と会うのは嬉しいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*