日韓学生セミナー(2)

null
8日はホスト校の東西大の授業見学。アン先生の日本語の講義とイ先生の遠隔授業(写真)を見学させていただく。アン先生の講義では、途中から日本側が前に出て受講生と質疑応答。開口一番、「彼氏や彼女はいるんですか」。アン先生によれば、韓国では初対面でお約束の質問だそうだ。個人情報やプライバシーに関する感覚が違うんだなと思いつつ、イ先生の講義を受講し、韓・中・日で展開される遠隔授業の課題として、プライバシーに対する感覚の違いを提案してみた。
今回(8日・9日)は東西大のいろいろな施設を見学させていただいた。林権澤という韓国映画の巨匠の名を冠する映画大学校(=学部)、林権澤映画研究所、デジタルデザイン学部、メディア映像学部などなど。日本で言うと宮崎駿を学部長に迎えてスタジオジブリを大学に作ってしまうという感じかな。そしてそれを若い映画制作者に期限付きで貸し出し成果を出させ、そこで学生がインターンシップをする。ビジョンと設備投資とそれを背景とする改組が桁違いである。まぁ、それだけ大学業界が生き残りをかけてしのぎを削っているということか、、、
話は変わるが9日の朝にコナムルクッパというものを食べた。あっさりしたコンソメ風のもやしおじやだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*