シンポジウム:宗教の社会貢献はどうあるべきか

財団法人 国際宗教研究所 主催 公開シンポジウム
「宗教の社会貢献はどうあるべきか―21世紀の課題―」
日時: 2009年2月21日(土)午後1時〜5時半(終了後、懇親会あり)
場所: 大正大学1号館2階大会議室(東京都豊島区西巣鴨3−20−1)
(都営地下鉄三田線西巣鴨駅徒歩2分/JR埼京線板橋駅徒歩10分)
報告:
石上和敬 (武蔵野大学/臨床仏教研究所)
賀陽 濟 (田無神社/精神科医)
本田哲郎 (聖フランシスコ会 ふるさとの家)
宮本けいし(妙智會教団)
コメンテーター:
稲場圭信(神戸大学)
弓山達也(大正大学)
司会:
島薗 進(東京大学/国際宗教研究所所長)
詳細・申し込みは財団ウェブサイトまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*