今期の最終講義

今期は21日の慶應の補習で幕を閉じた。週14コマに相応しく、今期の最終講義は9:05開始で16:30まで。7名の卒論指導を行い、1組の国際学会の原稿を検討する。受講者は試験とか何とか言って、出たり入ったりだが、ゼミ代(慶應ではゼミ長のことをそう呼ぶ)と僕は昼食もとらず缶詰状態。買い込んだコーヒー、カフェイン剤、眠気覚ましのガム、激辛カレーパンが唯一口にしたものだ(こう書くといろいろ口にしたな)。
そういえば18日は終日編著の校正、19日と20日はオープンキャンパスで終日拘束。この間、飲み会2回。18日朝から、この21日までの3泊4日で5時間ほどしか寝ていない。卒論指導の最後は朦朧とした中で行う。車いすのI氏が介護タクシーに便乗を誘ってくれて打ち上げ会場の和民に車で行く。かなり限界にきた感じで、一次会で失礼する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*