水月亭(京都九条)

null
A〜Cグルメ先達のA先生、ポップカルチャー大王のY先生、宗教学界のガルガンチュアK先生とご一緒する。なぜかT大学の院生ご一行も隣に。レバ、コブクロ、ガツなど、豚ホルモンをガンガン食べる。全てが生食できるとのことで、そのまま、ちょい炙って、よく焼いて、とにかく臓物を食べる。すっごーく美味しい。東京に、こうした店がないのが残念(たぶんあるんだろうけど発見していない)。しかも安い!
モツについてとやかく言う輩には、「美味しんぼ」第一巻「料理人のプライド」から、次の名言を引用しておこう。「日本人は肉の食べ方を知りませんね。一番おいしい内臓を捨てるなんて。フランスでは内臓料理は最高のレストランのメニューにのっています。内臓の味もわからないで肉の味のことを言わないでください」と。

4 comments

  1. 樫尾直樹 より:

    うまそうこのコブクロ
    次回はぜひ行きたいので、来年、よろしく!

  2. 弓山達也 より:

    しかも、これを生でいくんだねぇ。たまらんよ。

  3. 樫尾直樹 より:

    まじ、生でいくの?
    焼くんじゃないの?
    生でたべれるの?
    タイみたいだね

  4. 弓山達也 より:

    コブクロだけじゃなくて、ぜーんぶ内臓を生でいただくんですね。ジンギスカンの鍋があって、あぶりたい人はあぶる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*