さくらそうフェア2010

null
NCCの学生、特に1年生が地域とのつながりを実感する実習としてフェアのお手伝いをやらせてもらって4年目。写真は大正琴に合わせて歌う学生たち。
以下は産経新聞の配信より。
——-
会場には地域住民が自宅で育てた鉢植えのサクラソウが一堂に展示された=豊島区西巣鴨の大正大学
「2010江戸の花・さくらそうフェア」が24日、豊島区西巣鴨の大正大学で開かれた。
江戸時代、徳川家康がタカ狩りの際に持ち帰って栽培したのが始まりとされる地元ゆかりのサクラソウで街おこしをしよう−と同実行委員会が主催したもので、今年で4回目。
会場では、2月から地域住民が自宅で育てた鉢植えのサクラソウを一堂に展示し、品評会が開催された。また、同大学生による研究発表や雅楽演奏なども行われ、区民ら約300人でにぎわった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*