「第9地区」を観た

null
「第9地区」を観てきた。池袋のシネマロサ。前に映画館の前を通った時に見たポスターと、池袋西口のロサ会館裏の雰囲気とがぴったりマッチしていて気になっていた。ヨハネスブルクというロケ地や何かチャッチィ円盤の特撮(CG以前)から、ソ連映画「不思議惑星キン・ザ・ザ」とか、北朝鮮映画「プルガサリ」を勝手に連想していた。
映画はエイリアン化していくエイリアン立ち退き業務従事者とエイリアンとの交流を描いたもの。そこに悪徳企業やギャング一味が加わる。まぁ、エイリアンとロボコップを足して二で割った感じだが、スピード感とロケ地(アパルトヘイト)のゴミゴミした雰囲気と妙に水っぽい(?)殺戮シーン に、、、、全く、そういうものを期待していなかたっただけに驚いた。ピーター・ジャクソンが制作というところで、もっと早く気づくべきだった。ドキュメンタリー仕立ても、突き放した映像作りに一役買っている。 けっこうオススメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*