御輿を担ぐ

大塚にある天祖神社の祭礼が9月18日・19日にあって、19日は銀杏祭実行委員会(大正大学の学祭実)・大正さろんスタッフで御輿を担いだ。留学生も声をかけ、何人かは見に来たようだが、半纏を羽織って御輿を担いだのは1人だけ。日本文化を知るうえで良いチャンスと思ったが、「怖い」「大変そう」とのこと。今後、広報を考えよう。
さて御輿は神社に行って帰ってだいたい9時から13時。これで終わりと思いきや、巣鴨のとげ抜き地蔵の手前まで往復。さらに大正大学まで往復で18時。ペース配分を誤って前半部分で全力を出し切ってしまったので、午後からはエンドルフィンの力を借りて(つまりヤケクソ)、何とか乗り切る。写真の表情は完全にランナーズハイです。
しかし大学関係者だけのべ60名ほどいただろうか。祭礼を通して、ちょっと声をかけずらい地域の人たちとも知り合いになり、地域のソーシャルキャピタルを高めていく、大きな地域貢献であることは間違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*