社会貢献活動見本市で受賞

豊島区立勤労福祉会館において、NPOやボランティア、企業CSR等の活動を発表する場となる「第5回社会貢献活動見本市&交流会」が開催された(主催:としまNPO推進協議会、共催:豊島区)。出展団体47団体、来場者は主催者発表500名、交流会参加者人数120名とのこと。
実は第3回あたりから顔を出してはいたが、これまではチラッとのぞいて、紹介された方々に名刺を配ってそそくさと帰っていた(と叱られた)。今回は出展者である大正さろんのメンバの一人として、途中1時間半ほど抜けたもの、開始から交流会まで9時間ほど参加した。学生や利用者の作成したパネルの展示(写真右上)、利用者の中学生が中心となってフォーマンスを展開。僕は主に説明係と名刺配布担当。
見本市終了後、交流会では展示表彰が行われ、大正さろんは、最優秀展示団体、準優秀展示団体につぐ、がんばれ子供村賞を受賞。しかも一般投票数では今回最多を記録したとのこと。授賞式には大正さろんからは僕だけの出席だったので、代表して商品をいただく栄誉に浴した(写真左下)。で、すぐにさろんに戻り、参加の皆さんと喜びを分かち合った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*