マイケル・サンデルが誘う「日本の白熱教室」へようこそ

null20110302-20101006.jpg
マイケル・サンデルが誘う「日本の白熱教室」へようこそ』(小学館)が刊行されました。僕の大正大学の講義「現代社会の倫理を考える」も2時間分収録されています。実際の講義は、映像による問題提起→学生たちの議論→教員による総括という3コマかけて一つのテーマを扱うのですが、今回は、その「議論」の部分だけが収録されました。対話型や双方向については、教員と学生という流れよりも学生同士のやりとりを重視していますが、こうした大学教育の改革に一石を投じる書籍に取り上げられたことを嬉しく思います(写真右は小笠原亜人矛撮影)。

One comment

  1. 金子 より:

    凄いですね!
    弓山先生のゼミではないですが、うれしいです!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*