救援物資の送付

大正大学が支援するNPO法人でもくらしぃの運営するコミュニティスペース大正さろんが、豊島区を通じて救援物資を地震被災地に送りました。今回は22日から受付をし、巣鴨・庚申塚地域の方々が提供してくださった物資のうち、東京都の物資品目に合うものを第一陣として搬出しました。救援物資をお持ちいただきました皆さま、また整理搬出のお手伝いをいただきましたMAMMA倶楽部のお母さま方、学生・院生諸君にお礼を申しあげます。
27日に東京都が、31日に豊島区が救援物資の受付を休止したため、今後は被災地と直接ルートを持つNPO法人などを通じて、必要とされるものを送っていきます。このあたりが日頃からの他団体との関係がモノを言うのだと痛感。
またこの日、大正大学の同好会のつみきとちゃぼとひよこの学生有志と大正さろん利用者が、都電・庚申塚駅そばで募金活動を展開。約1万5千円のご厚志が寄せられました。同時に庚申塚商栄会を通じて、飲食店を中心に上記学生の手作りの募金箱を設置させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*