被災地に「潤い」届けたい

大正さろんで利用者のお母さま方が、被災地の皆さんに元気になっていただこうと小物作りに励んでおられる。写真のハート型のアクセサリーがそれだ。地蔵通り商店街の「赤パンツの元祖“巣鴨のマルジ”」から「「赤の力で元気と幸福をお届けします」という商品の端布をもらい、連日製作にあたっている。奇しくも本学で「被災地に潤いを届けよう:コーヒーと花を贈りましょう」というプロジェクトが開始され、それに想いを載せていただこうと、今日はボランティア学生(つみきちゃぼとひよこ)も一緒に針を持った。メッセージカードは庚申塚商店街出身のイラストレータの絵にしたためられたもの。

2 comments

  1. さとじゅん より:

    なんかメガネ率が高いですね^^;

  2. 弓山達也 より:

    わーはっはっはっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*