大正大学の被災地支援活動(毎日新聞)

20110504-20110424mainichi.jpg
クリックすると写真が拡大します。毎日新聞に掲載された記事全文は下記の通り。
—-
■大正大、南三陸で2週間のボランティア活動
東日本大震災の影響を受けて、新年度のスタートを約1カ月遅らせた大正大(東京都豊島区)は、有志の学生と教職員らが4チームに分かれて宮城県南三陸町に入り、計2週間のボランティア活動を行った。16日から5日間、チームの責任者として現地入りした弓山達也人間学部教授(48)は「最初は指示待ちや、キョロキョロしていた学生が、人手が手薄なところに進んで動いていけるようになった。実質3日間の活動だったが、たくましくなった」と評価する。
地震発生後、学生たちから「何かをしたい」という声が上がった。大学側は5日から3日間、ボランティアを募集し、133人の学生が応募した。60人を抽選で決め、10日に第1陣が出発。各チームとも、バスでの往復を含め4泊5日の日程だ。南三陸町入谷地区の避難所での炊き出しや支援物資の仕分け、児童とのレクリエーションなどを行った。参加した学生のほとんどがボランティア初心者だった。
「大学の活動として被災地に行き、何らかのことができたことは大学の財産になっていく」と弓山教授は語る。「被災地のボランティアを経験した学生がリーダーになり、自分の体験を伝えて共鳴する学生が増えていってくれれば」
今回の活動は教員や職員、学生の間で「ボランティア観を共有できたから実現できた」と振り返る。今後も大学として中長期でできることは何かを模索していくという。【立上修】

3 comments

  1. 光本恵子 より:

    学生と共にボランティアしてよい活動をなさっていて私のほうからも感謝申し上げます。わたしは「未来山脈」という短歌雑誌を出している光本恵子といいますが、具体的のは便りを出すという形のほかには、手助けができなくて居ります。短歌の会員にも東北の人が数名いて気仙沼の方が連絡できずに今にいたっています。4月6日に東京である会合がありましたとき、飯田橋のユースホステルに泊まりました。そこでは40名の被災者の方々を受け入れて泊まっていました。私のベッドの隣にも福島県の女性でいろいろ話すことができました。まさに絶望の淵にいらっしゃるという感じ、慰めのことばもないのでした。身の回りのものを置いてきたのでした。気持ちが落ち着いてきたら、短歌などで今の気持ちを表現できるといいですね。というのがやっとでした。私には今月刊誌をともかく出し続けることで皆様に勇気を持ってことにあたってほしいと願うばかりです。お祈りしています。

  2. TKYK..O より:

    133人の学生が応募した。60人を抽選で・・・
    ではないのです。
    しっかりとしたガイドラインもなく、数分の面接で、選抜したのです。
    応募要項に「選抜・・」と記載してありましたが、ボランティアに参加希望の意志をもつ学生を選抜したことは事実であり、後味の悪い状況が漂っています。
    調整=抽選とすべきだったのではと今も思っています。
    些細なことですが、「今回の選抜」が学内での今後の「社会貢献」「ボランティア文化」に影響することは事実でしょう。
    それらを踏まえてこれからを考えすすめていきたいものです。

  3. 弓山達也 より:

    ・光本恵子さん
    お初です。コメントありがとうございます。mixiでも足跡を確認いたしました。
    ・TKYK..O さん
    この件(後味の悪い状況)20日に大学に戻った際に教職員より話を聞きました。全てがはじめてのことで、阪神淡路の際の教訓を活かすべき/活かせない/別物と考えた方がいい、、、とさまざまな模索が続いています。小生としては、歩を進めながら考え、必要に応じて、軌道を修正し、TKYK..O さんとともにビジョンを探っていきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*