もっと貪欲に、もっと図々しく、もっと大胆に、もっと過激に

 例えば「私の成績はなぜAAではなく、A+なのですか」「試験の平均点と自分の点数が知りたいです」「レポートにコメントをください」「就職活動なので推薦状を書いて」「学祭の屋台のチケットを買って」「ライブに来て」「データベース検索しても先生の名前がヒットしないんですが、最近、論文を書いていないんですか」・・・半期34万円の授業料。10科目で各12回の講義があったとすると、一回90分で2833円。あなたはもとをとっていますか?

One comment

  1. 1回90分で2833円ですか。こう数字で示されると流石の学生諸君も愕然とするでしょうね。自分のコストパフォーマンスの低さに。「もとをとる」という発想は欧米の大学では強く根ざしていて、授業を規定時間より短く終わろうものなら「お金返せ!」
    と大学事務局に抗議する学生がいるそうです。偉い!でも教師としては、怖い!
    もっと図々しく、過激にというのは弓山先生から学生諸君への知的挑発でありますね。その挑戦受けてたとうじゃないか!
    という諸君で新学期に弓山クラスを満員御礼にさせよう!過激に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*