オペラ座の怪人25周年記念

null
舞台をそのまま映画で観るということに抵抗があったが、率直に面白かったといいたい。映画版、宝塚版、劇団四季版と観たが、その都度いろいろと新しい発見がある。今回はちょうど講義で「2人での精神病」などのことをやっているせいか、妄想の共有という観点からも興味深い。舞台中継といっても据え置きカメラでなく、映画的なカメラワークで舞台をとらえていることもいいし、最後の30分は予習をしていなかっただけに得した気分。教え子の彼氏がチケット売り場で精勤していたのも発見。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*