クラシコ・イタリアーノ

null
宝塚宙組「クラシコ・イタリアーノ」を観に行く。スーツ作りの伝統にこだわる職人と故郷の復興と名誉のために大量生産の途を採るデザイナーとの葛藤を描く、よくあるといえばよくある話だが、エンタテイメントとしてもストーリー展開の妙としても面白く観ることができた。観終わった後も口ずさみたくなるような楽曲があったかというと、やや難しいが、最近をスーツを作ったので「ふーん」と肯くところが多かった。(写真は第二幕のショーアトラクトの「nice guy!!」)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*