上海で食べる上海ヤキソバ

特に目的もなく行ってきました「なぜか上海」。年末から風邪気味で、出発前日には発熱・悪寒。そんなで、ほとんど準備もせずに成田でガイドブックを買って下調べ。


■はじまりは機内食から
20050119-P1010006.JPG 20050119-P1010112.JPG 20050119-P1010029.JPG
今回はJAL。機内食がいいねぇ。チキンフライ丼のようなもの(帰りはうな玉丼だった)。物わかりのいいキャビンアテンダントが、お酒をいくらでも持ってくる。こちらも遠慮なく注文。行きにビール1本、ワインをクォーターボトルで5、6本は飲んだかしら。
さて、上海に来たんだから珍しいものを食おうとムスリムの経営するウイグル料理の店に行くも休み。しかたなくファストフード店に入りましたとさ。
おっと、これは珍しい。預圓で見つけたフラワーティ。お茶の葉の塊に熱湯を注ぐと、あら不思議。ポットにお花が咲きました。
■小龍包
20050119-P1010049.JPG 20050119-P1010064.JPG 20050119-P1010066.JPG
その預圓に、小龍包の美味い店があるという。メニューは小龍包とスープしかない。とにかく込んでいて、仕組みがよくわかんなかったんだけど、どうやら食べている人の横で待っていればいいみたい。
どーって感じでワゴンが入場。客の頭越しにガンガン蒸し器をおいていく。客が不意に立ち上がったら、大惨事になりねない。もちろん食べている時は次のお客さん監視の下。何か落ち着かないなぁ。案の定、店の中で怒号が飛び交う喧嘩が発生。
■グルグル
20050119-P1010077.JPG 20050119-P1010081.JPG 20050119-P1010083.JPG
上海に来たんだから、上海ヤキソバでしょう。ガイドブックを見て少しお洒落な店に行ったみたところ、なんと回転寿司仕様。見るとラーメンの具のようなもの、キムチ、小魚が回っている。この店が入っているキョッピングセンター1階は、ほとんどブランド店ばかり。客もアベックや女性同士が多いから、やっぱお洒落な店なのか? 蘇州ラーメンや上海ヤキソバを注文。ラーメンは淡泊。美味しい。上海ヤキソバは、まぁ、屋台感覚かな。僕がよく行くもんじゃ焼きの「一番星ミックス焼きそば」に酷似していた。
■上海ガニ
20050119-P1010135.JPG 20050119-P1010142.JPG 20050119-P1010144.JPG
気を取り直して上海ガニ。カニづくし10皿を食べる。揚げ物が出てきた後、何かみんな同じあんかけに見えマンネリだったが、さすがメインは上海ガニを目の前で解体して食べさせてくれる。ツメの細かいところまで、上手に身を出してくれるので、楽チン。シメは麺。何とカニ味噌にピーナツ風味。こ、こ、これは担々麺ではないか! 美味しく2杯食べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*