2005年2月

20050209-P1010017.JPG
これがコスプレ・トルコ料理だ!詳細はBグルメ日記05年2月3日を見よ。


■ 2005/02/28 Mon ラーメン 光陽楼
中村橋にある中華。看板にデカデカと「担々麺 ねぎ麺」と出ている。メニューを見ると「甘さの中に辛さが、辛さの中に旨みが」みたいなことが書いてある。
ほほー、、、担々麺を食べ歩いてる僕に挑戦するようじゃないか。3時半という中途半端な時間ながら、挑戦を受けることにする。
厨房を見ると、ご夫婦らしきおじさんとおばさんが黙々とラーメンを作っている。何か活気がない。黙々とと言うより、気まずい雰囲気すら漂っている。おばさんが麺を寸胴からあげるのに時間がかかりすぎ。おじさん、それを手伝おうともしない。挙句の果てにオーダーをめぐって言い争っている。中華にありがちな炒める音やにおいが全くない。いやーな予感がする。
案の定、スープに作り置きの具がトッピングされた担々麺が登場。一口スープをすすると、、、、、ゴマ辛スープ。
なんでもアルカリ水を使ってスープをこしらえているとのことだが、水道水でもいいから、もうちょっと深みのある味をだせないもんかな。
挽肉は確かに甘いが、スープと実に相性が悪く、甘さが浮いている。麺はいうまでもなく、ふにゃふにゃだ。温泉卵(らしきもの)が入っているのが、せめてもの救いだが、ふつー担々麺に温泉卵を入れるか?
私鉄沿線の各駅しかとまらない駅前の中華と思って食べれば文句はないが、あそこまで自信たっぷりに担々麺をアピールしておきながら、これかよ!
■ 2005/02/27 Sun 蓮根や
先週のインフルエンザ中に引き続き、本日も行ってみる。
この店、このご時世にほとんどネット上に登場してこない。この地に移ってきて10年以上、その前も10年ほど営業しているというのに、、、、また店は「蓮根やビル」というから自社ビルなんだろう。
決して場末の店ではない。ご亭主は頑固な寿司職人風。いつもまな板に向かって下ごしらえに余念がない。白子ポン酢だって、なまこだって、天ぷらだって、実に美味しい。前回は鍋を、今回はしゃぶしゃぶを注文したが、ネギを細ーく割いてあって、丁寧な仕事がうかがえる。
残念なのは「酒」だ。ワイン、ビール、日本酒、焼酎、それぞれ一種類ずつしかない。確かビールはスパードライ。日本酒は白鷹、ワインは国産ビールメーカーの300m。不思議だよな。料理にこだわる人が、こんなラインナップとは、、、(でも時々寿司屋なんかに見られる傾向ではある)
もしかしてご亭主、下戸?
■ 2005/02/26 Sat 麺屋 大和
いやぁー、めっけもんだね。
椎名町駅から数分の商店街に昨年出来た店。いつもガラガラなので、何となく避けていたが、思い切って入店。
つけ麺を注文。中盛り(400g)も大盛り(500g)も同料金(750円)なので、大盛りを注文。チャーシューを一枚ずつ焼き、白・青2種類のネギを散らし、煮卵はもちろん半熟(1個)。
特筆すべきはスープが醤油とピリ辛味噌の2種類が供される。ピリ辛はかなり辛い。醤油は豚骨・魚系。美味しい。
麺も細麺ながら、歯ごたえがあり、いける。これはかなり高品質なんじゃないか、、、ちょうどトンコツの下茹での時間だったのか、丁寧なアク取りの場面に立ち会うことができた。まぁ、もっともそうした作業を客に見せること自体に好き嫌いはあるだろうが。
どうして、この店が流行んないんだろう。
ガンバレ! 麺屋 大和!!
■ 2005/02/25 Fri 一番星
目白駅前のもんじゃ焼き。娘と一緒に行く。
まずは生とウーロン茶と、いつもの子持ち昆布。さらに桜エビもんじゃを注文。僕は一昨日徹夜→4つの会合→昨日睡眠6時間で、今日名古屋で仕事という過酷な状況で、疲れ果てていたので、娘がもんじゃを焼く。
ずいぶんうまくなったのぉ。
続いてフランクフルトを注文。僕はホッピー黒。次は明太チーズ餅もんじゃ。さらにホッピー中のみ。
今イチ物足りないんで、近所のソバ屋に寄る。シシャモとあご落し明太。僕は八海山×2。さらに娘とせいろ2枚を食べる。
「ここのお蕎麦はふつーだけど、そば湯がおいしいねぇ」という娘のセリフに隣のお客さんがびっくりした顔で苦笑。
家に帰って爆睡。
■ 2005/02/13 Sun オリオン食堂
昨晩食べた99円ショップのインスタントラーメンが今ひとつで、不完全燃焼だったので、きちんとラーメンを食べることにする。
といっても行ってみたい店は、ほとんど日曜日休みだしな、、、
ということで東長崎のオリオン食堂。一年ぶりくらいに行って内装が変わっていた。相変わらずメニューがよくわかんないが、取りあえず(でもなく結構迷った末)塩・大・太・もりを注文。
メニューがわかんないのは、レギュラーに何がどのくらいトッピングされているか、書いてあるようで書いてないからだ。醤油つけの欄には「大盛りも同料金」となっていて、塩にはトッピング内容が明記されている。でも出てくるものは同じはず。また麺が3種類から選べるというが、店員は決して、それを尋ねようとしない。
まぁ、細かいことは抜きにして、出てきたのものは、つけ麺400gに半熟煮卵半分、とろろ昆布一掴み、大きめのチャーシュー1枚、大きめのメンマが7〜8本、カリカリの桜エビが大さじ2杯ほど。これで650円は安い! トッピングの追加はいらないだろう。否、追加したら後悔しそう、、、
一口味わうと、どこが塩なんだろうという気がしないでもないが、僕は好き! 魚粉も桜エビも無科調のスープを引き立てている。400gの麺を食べて、残ったスープをダシで割って飲み干しても、腹にもらたれることなく、後味すっきり。
ラーメン完全燃焼だ!
■ 2005/02/07 Mon 尾道ラーメン麺一筋
巣鴨で飲んでいると携帯が、、、出てみると娘がインフルエンザにかかって病院に担ぎ込まれたという。諸先生方に中座をお詫びして都立大塚病院へ。
途中、タクシーから尾道ラーメンを発見!
この店、水道橋店もあって、神田校舎の講義の際に、行こうと思いつつ、いつも一杯で入れない店でもある。この支店は空いている。そこで病院の帰りに、いやがる妻子と入店。
以前はつけ麺を食べたので、ラーメンを注文。太麺を選択。出てきた一杯を見ると、確かに太麺だ。スープは豚骨&魚系。ダシがきいていて美味い。背脂がほどよく浮いている。40度近い高熱ながら娘も食べている。
きっとこれでよくなるだろう。
■ 2005/02/06 Sun もっこす
川崎大師駅から御大師さんに行く途中にふとラーメン屋の看板が目にとまる。
「熊本直送生馬刺」
どうやらラーメン居酒屋のようだ。
川崎大師と若宮八幡宮で打ち合わせを終えて、どうしようかなぁと思いつつ入店。テレビでモーニング娘のSP番組を見ながら、まずは馬刺と焼酎(松乃泉)を注文。
馬刺は赤身と脂身の二種類が出てくる。脂身は「タテガミ」といって馬の首の部分だそうだ。赤身は生、タテガミは凍っている。赤身は、まぁ赤身だが、タテガミは美味い。口の中で解凍され、やがて脂が口全体に広がる。焼酎ともの凄く、あう。赤身の獣臭さと脂身のコンビネーションがいい。
モーニング娘SPに、知り合いの先生のお兄さんのお寺が登場。川崎大師と同じ宗派だ。ご縁を感じる。おお、お兄さんも登場。知り合いの先生と同じ顔、同じ声をしている。モー娘の飯田と話している。羨ましいなと一人で盛り上がりつつ、焼酎を飲む。
まぁ、これからヒトに「モー娘にいた飯田は、オレの知り合いの関係者の知り合いなんだぜ」と自慢できるわけだ。
ふと、メニューを見ると馬肉の煮込みと書いてある。これで、さらに日本酒などをやってしまうと、いつものように昼から泥酔で一日を無駄にしてしまったり、帰宅が危ぶまれたりするので、ぐっと堪えて「九州ラーメン」を注文。半熟煮卵がトッピングされた、オーソドックスな豚骨。麺がかなり柔らかめ。替え玉は遠慮しておこう。
居酒屋といして、もう一度行きたい!
■ 2005/02/03 Thu ZAKURO
日暮里にあるコスプレのトルコ料理の店。ゼミの納会で行ってみた。コスプレでトルコで何かあやしい響きだが、十分にあやしい。
店のマスターはもの凄く流ちょうな日本語で喋りまくりつつ、客をコスプレさせる。「このお店は罰もご褒美もチューよぉ」とか、「センセー、生徒さんは今日はここにお泊まりよぉ」とか、オネエ言葉でまくし立てている。セクハラという概念は、ここにはない。
コスプレをして、客がアラビア人になった頃から料理がどんどん運ばれてくる。何の説明もないが、まぁ、エスニックだ。スープ、チキンの丸焼き、カカブ、ナン、サラダ、チャイ、、、、いっぺんにドンと来るので、コスプレさせられてカルチャーショックを受けている客は、かなり戸惑い気味、というか完全に引いている。しかし2000円で、これは安い。
聞いてみるとトルコ料理だけじゃなく、店員にイラン人、クルト人、ウズベキスタン人、ウイグル人がいるので、そうした料理が出ているそうな、、、、
シメは、デザートと水タバコ。有無も言わさず水タバコをくわえさせられ、学生はほとんど阿片窟に売り飛ばされた可哀想なアジア人のような感じになっている。
途中でウイグル人女性の踊りあり、ベリーダンスあり、案の定、客も踊らされあり、と何でもありだ。マスターが時々、素に戻り、電話口で「予約は一杯です」みたいなことを言っているのがおかしい。
ぜひ、もう一度じっくり堪能したい店だ!

5 comments

  1. あ〜る より:

    日暮里にこんな素晴らしいお店が!
    水煙草でしめとか
    魅力いっぱいじゃないですか♪
    …具体的にどこにあるお店なのか
    教えていただけないでしょうか?

  2. 弓山達也 より:

    んじゃ、住所を、、、
    荒川区西日暮里3-14-13 日暮里コニシビルB1
    5685-5313

  3. あ〜る より:

    ありがとうございます!!
    これは絶対行きたい♪♪

  4. 行ってみたい店

    宗教研究にB級グルメという素敵な記事を載せているホームページがある。
    そちらで非常に興味ある記事(「これがコスプレ・トルコ料理だ!」)を発見した。
    コスプレ・トルコ、と書かれると
    何だか自分が無知なだけで
    ト…

  5. 超楽しい内容ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*