2005年3月

20050416-P1010022.JPG
これが与ろゐ屋の双子煮卵入りつけ麺だ。(3月8日参照)


■ 2005/03/29 Wed 虎ノ門砂場
僕的には全て終わった、、、、
発表も、エクスカーションも、花見も、IAHRでやるべきことは全てやった。といっても今日は花見でお借りした増上寺の後片づけ。9:30に行ってみると、すでに増上寺の職員さんが会場を整理されている。
ヤバッ! かなり後片づけをやってくださっている。10時に他の連中が登場。荷物を車に搬入。レンタル業者に用品の引き渡し。増上寺様にご挨拶。偶然、執事長先生がいらして、労いのお言葉をいただく。で、11時。
さて、、、、と。やっぱ、ソバ屋で軽く仕上げますかってことで、僕が推奨する虎ノ門砂場まで歩く。途中、2軒砂場があったが、メニューを見ると、なんか違うので、断固として虎ノ門まで歩く。
やっぱ、蕎麦の前には板わさと日本酒でしょうということで、飲み始める。最初は酒はもういいと言っていたカシオ兄弟も調子がでてきたみたい。イケメンの慶應の阪井ゼミ代も遠慮しつつ飲むじゃない。結局、4人で9合飲んで、蕎麦。エジちゃん、カレー南蛮なんか注文すんなよな。で、1時。
7時からバンケット(お開きのパーティ)だ。中途半端な時間をつぶすべく新橋のサウナに。リフレッシュして増上寺まで歩く。完全に酒が抜けたんで、車で荷物を大学に搬入。家に帰って着替えて、さあ、バンケットで飲むぞ!
■ 2005/03/26 Sat 万豚記
23日からIAHRの受付が始まった。23日は終日、トラベルデスクに立つ。24日はレセプションを休んで、エクスカーションや花見関係の打ち合わせや手配。25日・26日と発表。
ペーパーも汗もかいたが、恥もかいた。まぁ、いいや。
26日の発表が住んで、オイスターバーで打ち上げ、天狗で二次会、その間隙をぬって、学会会場(高輪プリンス)で、エクスカーションの打ち合わせ。帰路につくも小腹が減ったので、万豚記で赤玉担々麺を食す。
担々麺にトマトが1個入ったもの。短く太い麺が量的には物足りなく、結局、サービスライスを頼んでしまう。でもって後悔するんだけど、この日は発表が終わった解放感からか、27・28日と続くイベントのストレスからか、飯が進んだ。
チェーン店にありがちな安っぽく薄っぺらなスープだが、やはりそこそこウマイ。トマトの酸味がいい。飯と実にあう。
要するに暴飲暴食をしているということだな。
■ 2005/03/15 Tue 春木屋
言わずと知れた荻窪にある東京ラーメンのメッカ。この間、自分の本の編集関係で荻窪によく行き、そこそこ飲み食いをしているが、春木屋に行こうとは思わなかった。
10年ほど前に春木屋に行った時に印象が悪い。長蛇の列、量が少ないラーメン、偉そうな定員。しかも味には満足できず、近所の麺ロードで、口直しをしたくらいだ。
しかし、古いこだわりを捨てて、心を真っさらにして春木屋に向かってみた。もう麺ロードはなくなっている。美味そうな定食屋に浮気心がくすぐられる。行列は短く、5、6名が並んでいるだけ。行列にも注文をとっている店員にきくと10分も並ばないだろうとのこと。
確かにあっという間に店内に通された。つつしんでラーメンを食べる。意外に、、、、といってはいけないかもしれないが、ウマイ。春木屋って、こんな味だったか?
僕の印象は、醤油系あっさりだたと思ったが、いやいや、濃厚な魚系だ。もともと麺がしっかりしているから、実に今風に仕上がっている。10年間で春木屋が変わったのか、それとも、10年前、この美味さに僕が気がつかなかったのか、、、、
■ 2005/03/08 Tue 与ろゐ屋
3月下旬に東京で開かれる国際会議IAHRの打ち合わせで浅草寺に行き、さらに浅草で2つ目の打ち合わせ。午後にもある。その隙間時間をねらって、前から行ってみたかった与ろゐ屋に行く。
ここのご亭主を大学の講義で呼んだことがある。自分の夢を追求している人を紹介し、学生に夢を語らせるというコンセプトだった。ご亭主は有名進学高校から、ふつーの大学。そしてラーメン店営業という経歴の方。今では浅草活性化のアクションもおこしている。
あいにくご亭主は不在だったがつけ麺と餃子を注文。店は混んでいる。味は、まぁ、煮干しのきいた魚系。麺にパンチがほしいね。煮卵が双子というのは珍しい。しかも味は濃厚。素材にこだわっているのがわかる。
■ 2005/03/02 Wed 鳥もと
荻窪駅北口出てすぐの焼鳥屋。半分はビニールで囲われた店。なんか公共の土地に立てているような気がするが、まぁ何十年もやっている既得権なんだろう。
11:30だけど、もう2、3名がビールを空けている。続々と入店。ビールやチューハイをガンガン飲んでいる。僕もつられて熱燗×2とチューハイ。あとはヤキトン。軟骨とシロがうまい。1本から注文できるのが嬉しい。
しかしオヤジ、めちゃくちゃ無愛想。角刈りで仁王立ち。客はニコニコとしたおっさんばっかだけど、、、、
改装中のラーメン屋のおやじさんが近所の人と歓談しながら、ダラダラと飲んでる。常連みたいな方々、なぜかウィンドブレーカーにキャップ姿。口々に「レバーよく焼き」コール。そうかよく焼かないといけないのか、、、
あっという間に客が10名を超えた。ポケットに手を突っ込んで立って飲んでいる人がカッコいいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*