ついに出版!!!

20050227-c.jpg
『天啓のゆくえ―宗教が分派するとき』日本地域社会研究所、2700円(税別)
本書の見所
天理教―近代日本最大の宗教教団は、なぜ数多くの分派教団を生み出したのか。
各時代ごとに天啓者待望、終末預言、霊能と秘儀を前面に押し出した分派教団出
現の背景と、そのメカニズムに迫る。
本書の特徴(目次より)
■天理教系教団の鳥瞰図を展望
 三つの天理教系教団群(分派分立図)
 救済の論理と分派活動
 新宗教における分派分立
■分派をめぐる人物像へのフォーカス
 中山みきから飯降伊蔵へ
 増野鼓雪のばあい/大平良平のばあい
 大西愛治郎と天理研究会不敬事件
 芹沢光治良の晩年/伊藤青年との出会い
■時代ごとの特徴を分析
 大正期における天啓者待望
 終末論的宗教運動の挫折と変容
 修養道徳/聖地建設/神秘呪術を強調する方向
■分派のメカニズムを解明
 組織の凝集性と個的体験
 伝統の継承と断絶
 救済の力の顕現と抑制

5 comments

  1. tamura より:

    ご出版おめでとうございます。
    弓山先生の博士論文ですよね。とても楽しみイムニダ。

  2. Inaba より:

    『天啓のゆくえ』カバーのデザインもインパクトがあっていいですね。拝読するのを楽しみにしています。

  3. 告別式 より:

    天理教の分派研究本

    小学生の頃、友達の家で遊んだのですが、大きな建物で人がいっぱい居ました。
    走り回って遊べて楽しかった。
    けどあとで知ったのですが、そこは天理教の教会?道場?で集団生活しているようです。
    さらにその道場の中…

  4. 落合さんお元気ですか。『千葉の時代』の編集などでまじかに接しましたよ。20年ちかく前ですか。板垣さんという女性の編集者もいました。博士論文の出版おめでとうございます。天理の井上先生も『海外伝道の道』を落合さんから出してもらっています。皆、父の関係筋です。

  5. 大迫 より:

    こんにちは。編集の大迫です。
    『天啓のゆくえ』は来週前半にも見本が刷りあがってまいります。弓山先生の超大作にどうぞご期待ください!
    >Murayama様
    あいにく落合はPCを触りません。社員の私がいうのもなんですが、とても元気です(?)。よろしく伝えておきます。
    板垣も変わらずにおります。
    上梓のあかつきにはご一読いただき、感想などいただければ幸いに存じます。

Murayama, Masa にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*